筋トレマシンを使うときの注意

筋トレマシンを使うときの注意

筋トレマシンを使うときの注意を
ご覧ください。

 

高齢になってから体力作りをしたいと思うなら筋トレマシンでの激しい筋トレは控えた方がいいですよ。

 

これまで運動をしていた人ならいきなり筋トレも問題ないでしょうが、運動の経験がなく筋トレも自宅で少しだけ・・・という程度なら筋トレマシンを使うのは慎重に。

 

私は筋トレマシンでたまに運動しますがやっているうちに、もっとできる!

 

もっとできる!と夢中になってしまいます。負荷をどんどん上げて、筋肉はぎりぎりの負荷じゃないと育たないと勝手に思い込んでしまうのです・・・。

 

筋トレマシンを使っていると周りの目も気になりますし、なめられたくないと思うので余計に頑張ってしまいます。

 

だけどなめられたくないとかすごいと思われたいという気持ちで筋トレマシンを使うと身体が故障します。

 

たとえば膝関節が痛くなったり肘関節が痛くなったり・・・。

 

顔に力を入れると人相も変わってきますし頭に血が上りすぎてぼーっとしてくることも・・・。高齢者は注意しましょう。

 

何かひとつでも運動をしてみて

 

身体を動かせない何らかの事情があるなら安静にしているのが良いでしょう。

 

そういう事情ではなく、何となく運動するのが面倒だとかだるいからと言っているならもったいない・・・。

 

五体満足の状態で普通に社会生活を送れるのなら、何かひとつでも運動を続けてみると健康や美容に良いと思います。

 

素晴らしい運動をしましょうね!と言っているのではありません。

 

好きな運動をちょっとだけ・・・それもできるときにできることだけやれば良いだけです。

 

ウォーキングやジョギングなんてやりたい人がやればいいだけです。

 

野球やサッカーだって好きな人が好きなようにやればいいだけです。

 

さて、私が主婦にオススメしたい運動は部屋の中でできる「ながら運動」。

 

ながら運動は家事をしながら運動をしたり、電話をしながら運動をすることです。

 

やって欲しくないのは何かを食べながら運動すること。

 

そこまで熱心になることはありません。ながら運動は主婦に人気がありますよ。"


ホーム RSS購読 サイトマップ